土地家屋調査士・測量士補独学最短合格塾

独学で最短合格するテキスト選び

不動産登記令

不動産登記令-第一章 総則(第一条・第二条)

平成十六年政令第三百七十九号不動産登記令 内閣は、不動産登記法(平成十六年法律第百二十三号)第十八条、第二十二条、第二十五条第十三号、第二十六条及び第七十条第三項(これらの規定を同法第十六条第二項において準用する場合を含む。)並びに同法第百…

不動産登記令-第二章 申請情報及び添付情報(第三条―第九条)

平成十六年政令第三百七十九号不動産登記令 内閣は、不動産登記法(平成十六年法律第百二十三号)第十八条、第二十二条、第二十五条第十三号、第二十六条及び第七十条第三項(これらの規定を同法第十六条第二項において準用する場合を含む。)並びに同法第百…

不動産登記令-第三章 電子情報処理組織を使用する方法による登記申請の手続(第十条―第十四条)

平成十六年政令第三百七十九号不動産登記令 内閣は、不動産登記法(平成十六年法律第百二十三号)第十八条、第二十二条、第二十五条第十三号、第二十六条及び第七十条第三項(これらの規定を同法第十六条第二項において準用する場合を含む。)並びに同法第百…

不動産登記令-第四章 書面を提出する方法による登記申請の手続(第十五条―第十九条)

平成十六年政令第三百七十九号不動産登記令 内閣は、不動産登記法(平成十六年法律第百二十三号)第十八条、第二十二条、第二十五条第十三号、第二十六条及び第七十条第三項(これらの規定を同法第十六条第二項において準用する場合を含む。)並びに同法第百…

不動産登記令-第五章 雑則(第二十条―第二十七条)

平成十六年政令第三百七十九号不動産登記令 内閣は、不動産登記法(平成十六年法律第百二十三号)第十八条、第二十二条、第二十五条第十三号、第二十六条及び第七十条第三項(これらの規定を同法第十六条第二項において準用する場合を含む。)並びに同法第百…

不動産登記令-別表

平成十六年政令第三百七十九号不動産登記令 内閣は、不動産登記法(平成十六年法律第百二十三号)第十八条、第二十二条、第二十五条第十三号、第二十六条及び第七十条第三項(これらの規定を同法第十六条第二項において準用する場合を含む。)並びに同法第百…

R2-21土地書式

土地家屋調査士法務太郎は,山川小太郎及び香川浪子から,次の〔調査図素図〕に示すA市B町一丁目 32 番 4 の土地(以下「本件土地 1 」という。)及び同 32 番 5 の土地(以下 「本件土地 2 」といい,本件土地 1 と本件土地 2 を合わせて「本件土地」とい…

R2-22建物書式

次の〔調査図〕のとおり,A市B区T町三丁目 39 番 3 の土地上には二個の建物が現存しており,同土地上には,上記二個の建物のほかに一個の建物(以下「本件旧建物」という。)が存在していたが,取り壊されて現存していない。また,これらの建物の南側には…

R1-10建物の登記申請における添付図面

建物図面及び各階平面図に関する次のアからオまでの記述のうち、正しいものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。 1 アウ 2 アエ 3 イウ 4 イオ 5 エオ ア 建物の敷地についての地積の更正の登記がされ、新たに地積測量図が備え付けられたとき…

R1-11一の申請情報による登記の申請

一の申請情報により申請することができる登記に関する次のアからオまでの記述のうち、正しいものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。 1 アエ 2 アオ 3 イウ 4 イオ 5 ウエ ア 甲土地及び乙土地の表題部所有者であるAは、甲土地の表題部所有…

R1-12建物の分割または合併の登記

建物の分割又は合併の登記に関する次のアからオまでの記述のうち、正しいものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。 1 アイ 2 アエ 3 イオ 4 ウエ 5 ウオ ア 共用部分である旨の登記がある甲建物を共用部分である旨の登記がない乙建物の附属建…

R1-21土地書式

土地家屋調査士法務太郎は、次の〔調査図素図〕に示すA市B町一丁目5番の土地(以下「本件土地」という。)の所有者である山川一郎から、本件土地の表示に関する登記に関する相談を受け、【土地家屋調査士法務太郎の聴取記録の概要】のとおり事情を聴取し、本件…

R1-22建物書式

次の〔見取図〕のとおり、A市B町一丁目23番1及び23番2の土地上に、3個の区分建物からなる一棟の建物(以下「本件建物」という。)及びタワーパーキング機械式駐車場 (以下「本件駐車場」という。)が新築された。 土地家屋調査士民事花子は、【事実関係】のとお…

H30-8土地に関する登記

土地の表示に関する登記に関する次のアからオまでの記述のうち、正しいものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。 1 アエ 2 アオ 3 イウ 4 イオ 5 ウエ ア 抵当権の設定の登記がされている土地について、地積に関する更正の登記を申請する場合…

H30-17登記情報の公開

登記事項の証明等に関する次のアからオまでの記述のうち、正しいものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。 1 アイ 2 アエ 3 イウ 4 ウオ 5 エオ ア 地積測量図の一部の写しの交付を請求することはできない。 × 何人も、登記官に対し、手数料を…

H30-21土地書式

土地家屋調査士海川一郎は、内山次郎及び山田太郎から、次の〔調査図素図〕に示すA市B町三丁目10番1の土地(以下「甲土地」という。)及び 11番の土地(以下、「乙土地」といい、甲土地及び乙土地を合わせて「本件土地」という。)の表示に関する登記に関する相…

H30-22建物書式

次の〔見取図〕のとおり、A市B町一丁目301番及び302番の土地上には、P部分(〔見取図〕のG,O, J,K,L及びGの各点を順次結んだ直線で囲まれた部分をいう。以下同じ。)、Q部分(〔見取図〕のM,H,I,N及びMの各点を順次結んだ直線で囲まれた部分をいう。以下同じ。)…

H29-11表題部所有者に関する登記

土地の表題部所有者に関する次のアからオまでの記述のうち、正しいものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。 1 アイ 2 アエ 3 イウ 4 ウオ 5 エオ ア 表題部所有者であるAの住所が登記上の住所から数回にわたって変更を生じている場合であっ…

H29-12地図の訂正

地図等の訂正に関する次のアからオまでの記述のうち、正しいものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。 1 アウ 2 アオ 3 イエ 4 イオ 5 ウエ ア 地図に準ずる図面に表示された土地の地番に誤りがある場合において、その訂正の申出をするときは…

H29-18建物の滅失登記

建物の滅失の登記に関する次のアからオまでの記述のうち、正しいものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。 1 アウ 2 アオ 3 イエ 4 イオ 5 ウエ ア 建物の所有権の登記名義人が当該建物を自ら取り壊した場合において、当該建物の滅失の登記を…

H29-21土地書式

土地家屋調査士法務民子は、甲野太郎及び甲野次郎から、次の〔調査図素図〕に示すA市B町字C100番の土地(以下「甲土地」という。)、101番の土地(以下「乙土地」という。) 及び 102番の土地(以下「丙土地」という。)の表示に関する登記に関する相談を受け、【…

H29-22建物書式

次の〔見取図〕のとおり,A市B町三丁目 1 番 1 及び 1 番 2 の土地上には,家屋番号 1番 1 の建物(以下「本件建物」という。)が所在している。本件建物は,主である建物(以下「甲建物」という。)と附属建物符号 1 の建物(以下「乙建物」という。)か…

H28-5添付情報

電子申請における添付情報の提供方法の特例(不動産登記令附則5条に規定する添付情報の提供方法に関する特例。以下「特例方式」という。)により表示に関する登記を申請する場合に関する次のアからオまでの記述のうち、誤っているものの組合せは、後記1か…

H28-10土地合筆登記

合筆の登記に関する次のアからオまでの記述のうち、正しいものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。 1 アウ 2 アエ 3 イウ 4 イオ 5 エオ ア 地役権の登記がある承役地の合筆の登記を申請する場合において、地役権設定の範囲が合筆後の土地の…

H28-13建物分割登記

甲建物からその附属建物を分割して乙建物とする建物の分割の登記(以下「本件分割登記」とういう。)に関する次のアからオまでの記述のうち、正しいものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。 1 アイ 2 アエ 3 イウ 4 ウオ 5 エオ ア 甲建物に…

H28-14建物合併登記

建物の合併の登記に関する次のアからオまでの記述のうち、誤っているものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。 1 アエ 2 アオ 3 イウ 4 イオ 5 ウエ ア 甲建物と乙建物の所有権の登記名義人が同一である場合において、当該所有権の登記名義人…

H28-15建物の合体による登記等

合体後の建物について建物の表題登記及び合体前の建物についての建物の表題部の登記の抹消(以下「合体による登記等」と総称する。)に関する次のアからオまでの記述のうち、誤っているものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。 1 アウ 2 アオ 3…

H28-17建物の登記申請における添付図面

建物図面及び各階平面図に関する次のアからオまでの記述のうち、誤っているものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。 1 アエ 2 アオ 3 イウ 4 イエ 5 ウオ ア 建物図面及び各階平面図には、作成の年月日を記録し、申請人及び作成者が記名押印…

H28-21土地書式

土地家屋調査士法務民子は,甲野太郎から,次の〔調査素図〕に示すA市B町一丁目31 番2の土地(以下「甲土地」という。),32 番1の土地(以下「乙土地」という。),40 番1の土地(以下「丙土地」という。),40 番2の土地(以下「丁土地」という。)及び…

H28-22建物書式

丙山一郎と妻の丙山恵子(以下「丙山ら」という。)は,丙山恵子の父親である乙山和雄が一人で居住している家屋番号5番27の建物(以下「既存建物」という。)の敷地内に,乙山和雄の今後の介護等を考え,丙山らが居住するための新館(以下,単に「新館」とい…

出典:「土地家屋調査士試験」(法務省)(http://www.moj.go.jp/shikaku_saiyo_index5.html)を加工して作成
出典:「測量士・測量士補国家試験及び登録」(国土地理院)(https://www.gsi.go.jp/LAW/SHIKEN/SHIKEN-top.htm)を加工して作成
出典: e-Gov法令検索 (https://elaws.e-gov.go.jp/)を加工して作成