土地家屋調査士・測量士補独学最短合格塾

独学で最短合格するテキスト選び

択一-民法-総則

R2-1権利能力なき社団

次の対話は、権利能力なき社団に関する教授と学生との対話である。教授の質問に対する次のアからオまでの学生の解答のうち、判例の趣旨に照らし正しいものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。 1 アイ 2 アウ 3 イエ 4 ウオ 5 エオ 教授:ある…

R2-2取得時効

不動産の取得時効に関する次のアからオまでの記述のうち、判例の趣旨に照らし誤っているものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。 1 アイ 2 アウ 3 イエ 4 ウオ 5 エオ ア 甲不動産を所有の意思なく占有していたAが死亡し、Bがその占有を相続…

H30-1行為能力

行為能力に関する次のアからオまでの記述のうち、正しいものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。 1 アウ 2 アオ 3 イウ 4 イエ 5 エオ ア 未成年後見人が選任されている未成年者については、後見開始の審判をして成年後見人を付すことができ…

H29-1代理

任意代理に関する次のアからオまでの記述のうち、正しいものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。 1 アウ 2 アオ 3 イウ 4 イエ 5 エオ ア Aの任意代理人Bが、Aのためにすることを示して、Cからその所有する建物を買い受けた場合において、Bが…

H28-1時効の更新

AがBに対して100万円を貸し付けた後その返還期日を経過した事例に関する次のアからオまでの記述のうち、判例の趣旨に照らし誤っているものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。 1 アウ 2 アエ 3 イウ 4 イオ 5 エオ ア AがBに対して、…

H27-1瑕疵ある意思表示

詐欺又は強迫による意思表示に関する次のアからオまでの記述のうち、判例の趣旨に照らし正しいものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。 1 アウ 2 アオ 3 イウ 4 イエ 5 エオ ア Aの代理人Bが相手方Cを欺罔して、Cが所有する土地をAに売…

H26-1行為能力

成年後見、保佐又は補助に関する次のアからオまでの記述のうち、正しいものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。 1 アウ 2 アエ 3 イエ 4 イオ 5 ウオ ア 成年被後見人は、意思能力のある状態で日常生活に関する法律行為をした場合であっても…

H25-1未成年

未成年者Aが親権者Bの同意を得ることなく、自己が所有する甲土地についてCとの間で 売買契約を締結した場合(以下この売買契約を「本件売買契約」という。)に関する次のアからオまでの記述のうち、判例の趣旨に照らし誤っているものの組合せは、後記1から…

H25-2取得時効

A所有の甲土地についての取得時効に関する次のアからオまでの記述のうち、判例の趣旨に照らし正しいものの組合せは、後記1から5まっでのうち、どれか。 1 アウ 2 アエ 3 イエ 4 イオ 5 ウオ ア Bは、甲土地を無権利者Cから賃借した場合には、甲土地の…

H24-1代理

任意代理に関する次のアからオまでの記述のうち、誤っているものの組合せは、後記1から5までのうちどれか。 1 アイ 2 アウ 3 イエ 4 ウオ 5 エオ ア 代理人が本人のためにすることを示さないでした意思表示は、相手方が、代理人が本人のためにするこ…

H24-2条件

法律行為に付された条件に関する次のアからオまでの記述のうち、判例の趣旨に照らし正しいものの組合せは、後記1から5までのうちどれか。 1 アイ 2 アオ 3 イエ 4 ウエ 5 ウオ ア 農地の売買契約について、「農業委員会の許可を受けなければ、農地の…

H23-1意思表示

意思表示に関する次のアからオまでの記述のうち、判例の趣旨に照らし正しいものの組合せは、後記1から5までのうちどれか。 1 アイ 2 アウ 3 イオ 4 ウエ 5 エオ ア Aが、Bに強迫されて、A所有の甲土地をBに売り渡して所有権の移転の登記をし、さ…

H23-2時効の援用

時効の援用に関する次のアからオまでの記述のうち、判例の趣旨に照らし誤っているものの組合せは、後記1から5までのうちどれか。 1 アイ 2 アオ 3 イエ 4 ウエ 5 ウオ ア AのBに対する売買代金債務を連帯保証したCは、Aの売買代金債務について消…

H22-1無権代理と相続

Aは、BからB所有の甲不動産を売却する代理権を与えられていないにもかかわらず、その事情について善意無過失のCとの間で、Bの代理人として甲不動産を、1,000万円で売却する旨の売買契約を締結し、Cから売却代金1,000万円を受け取った。この事例に…

H20-3無効と取消し

次のアからオまでの記述は、無効な法律行為と取り消すことができる法律行為に関するものである。これらの記述のうち、「この法律行為」が取り消すことができる法律行為のみを指しているものの組合せは、後記1から5までのうちどれか。 1 アウ 2 アオ 3 …

H18-1代理

Aは、Bから、B所有の甲土地を売却することについての代理権の授与を受け、Cとの間で、甲土地を1億円で売り渡す旨の売買契約(以下「本件契約」という。)を締結した。この場合に関する次の1から5までの記述のうち、判例の趣旨に照らし正しいものはど…

H18-2不動産

次の対話は、建物に関する教授と学生との対話である。教授の質問に対する次のアからオまでの学生の解答のうち、判例の趣旨に照らし誤っているものの組合せは、後記1から5までのうちどれか。 1 アイ 2 アオ 3 イエ 4 ウエ 5 ウオ 教授: 物には不動産…

H17-2意思表示

意思表示に関する次の1から5までの記述のうち、誤っているものはどれか。 1 AB間でAがBに土地を売り渡す契約を締結したが、Aが真意では売り渡すつもりがなかった場合において、BがAの真意を知っていたときは、当該契約は、無効である。 正しい 相手方(=…

出典:「土地家屋調査士試験」(法務省)(http://www.moj.go.jp/shikaku_saiyo_index5.html)を加工して作成
出典:「測量士・測量士補国家試験及び登録」(国土地理院)(https://www.gsi.go.jp/LAW/SHIKEN/SHIKEN-top.htm)を加工して作成
出典: e-Gov法令検索 (https://elaws.e-gov.go.jp/)を加工して作成