土地家屋調査士・測量士補独学最短合格塾

独学で最短合格するテキスト選び

民法-民法95条(錯誤)

民法-民法95条(錯誤)

民法95条(錯誤) 第九十五条 意思表示は、次に掲げる錯誤に基づくものであって、その錯誤が法律行為の目的及び取引上の社会通念に照らして重要なものであるときは、取り消すことができる。 一 意思表示に対応する意思を欠く錯誤二 表意者が法律行為の基礎…

H23-1意思表示

意思表示に関する次のアからオまでの記述のうち、判例の趣旨に照らし正しいものの組合せは、後記1から5までのうちどれか。 1 アイ 2 アウ 3 イオ 4 ウエ 5 エオ ア Aが、Bに強迫されて、A所有の甲土地をBに売り渡して所有権の移転の登記をし、さ…

H17-2意思表示

意思表示に関する次の1から5までの記述のうち、誤っているものはどれか。 1 AB間でAがBに土地を売り渡す契約を締結したが、Aが真意では売り渡すつもりがなかった場合において、BがAの真意を知っていたときは、当該契約は、無効である。 正しい 相手方(=…

出典:「土地家屋調査士試験」(法務省)(http://www.moj.go.jp/shikaku_saiyo_index5.html)を加工して作成
出典:「測量士・測量士補国家試験及び登録」(国土地理院)(https://www.gsi.go.jp/LAW/SHIKEN/SHIKEN-top.htm)を加工して作成
出典: e-Gov法令検索 (https://elaws.e-gov.go.jp/)を加工して作成