土地家屋調査士・測量士補独学最短合格塾

独学で最短合格するテキスト選び

R2-18筆界特定制度

筆界特定に関する次のアからオまでの記述のうち、誤っているものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。

1 アイ   2 アエ   3 イウ   4 ウオ   5 エオ

ア 筆界特定の申請人が筆界特定登記官に対し、対象土地の筆界について意見又は資料を提出する場合、その提出を書面により行う必要はない。

筆界特定の申請人が筆界特定登記官に対し意見を述べる場合は,
意見を書面で記載する必要はない。口頭で意見を 述べることができる。 

 

イ 対象土地の共有者の一人が筆界特定の申請人である場合、申請人でない対象土地の他の共有者は、筆界特定登記官に対し、対象土地の筆界について意見又は資料を提出することができる。

筆界特定に利害関係を有し,その影響が大きいのは,筆界特定を申請した者および対象となる筆界に接する隣接地の所有者等なので、 
筆界特定の申請人および関係人だけが、対象土地の筆界について,意見または資料を提出することができる。

 

ウ 対象土地の抵当権の登記名義人は、筆界特定登記官に対し、対象土地の筆界について意見又は資料を提出することができる。

×

筆界特定に利害関係を有し,その影響が大きいのは,筆界特定を申請した者および対象となる筆界に接する隣接地の所有者等なので、 
筆界特定の申請人および関係人だけが、対象土地の筆界について,意見または資料を提出することができる。
→対象土地の抵当権の登記名義人は,意見または資料を提出することができない。 

 

エ 筆界特定登記官は、筆界特定の申請人が対象土地の筆界について意見又は資料を提出しない場合であっても、筆界特定をすることができる。

筆界特定の申請人および関係人は,対象土地の筆界について,意見または資料を提出することができ、
意見または資料を提出しない場合であっても,筆界特定をすることができる。 

 

オ 筆界特定は、新たな筆界を形成する作用を有する。

×

筆界特定は土地の筆界を特定するものであり,新たな筆界を形成する作用はない。 

 

 

 

出典:「土地家屋調査士試験」(法務省)(http://www.moj.go.jp/shikaku_saiyo_index5.html)を加工して作成
出典:「測量士・測量士補国家試験及び登録」(国土地理院)(https://www.gsi.go.jp/LAW/SHIKEN/SHIKEN-top.htm)を加工して作成
出典: e-Gov法令検索 (https://elaws.e-gov.go.jp/)を加工して作成