土地家屋調査士・測量士補独学最短合格塾

独学で最短合格するテキスト選び

R2-3

相隣関係に関する次のアからオまでの記述のうち、判例の趣旨に照らし正しいものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。

1 アイ   2 アオ   3 イウ   4 ウエ   5 エオ

ア 他の土地に囲まれて公道に通じない土地(以下「袋地」という。)の譲受人は、袋地について所有権の移転の登記を経由しなくても、その袋地を囲んでいる他の土地(以下「囲繞地」という。)の所有者に対して、公道に至るため、囲繞地を通行することができる権利(以下「囲繞地通行権」という。)を主張することができる。

他の土地に囲まれて公道に通じない土地(以下「袋地」という。)の譲受人は、

袋地について所有権の移転の登記を経由しなくても、

その袋地を囲んでいる他の土地(以下「囲繞地」という。)の所有者に対して、

公道に至るため、囲繞地を通行することができる権利(以下「囲繞地通行権」という。)を主張することができる。 

イ 他の土地及び水路によって囲まれており、水路を通行すれば公道に至ることができる土地の所有者は、公道に至るため、当該他の土地を通行することはできない。

他の土地及び水路によって囲まれており、

水路を通行すれば公道に至ることができる土地の所有者は、

公道に至るため、当該他の土地を通行することはできない。 

ウ 自動車による通行を前提とする囲繞地通行権は、囲繞地の所有者の承諾がなければ成立しない。

自動車による通行を前提とする囲繞地通行権は、

囲繞地の所有者の承諾がなければ成立しない。 

エ 囲繞地について囲繞地通行権を有する袋地の所有者が、囲繞地に通路を開設するためには、囲繞地の所有者の承諾を要する。

囲繞地について囲繞地通行権を有する袋地の所有者が、

囲繞地に通路を開設するためには、

囲繞地の所有者の承諾を要する。 

オ 共有物の分割によって袋地を生じた場合に、袋地の所有者が、公道に至るため、他の分割者の所有する土地について有する通行権は、当該他の分割者の所有する土地に特定承継が生じた場合であっても、消滅しない。

共有物の分割によって袋地を生じた場合に、

袋地の所有者が、公道に至るため、

他の分割者の所有する土地について有する通行権は、

当該他の分割者の所有する土地に特定承継が生じた場合であっても、

消滅しない。 

 

 

出典:「土地家屋調査士試験」(法務省)(http://www.moj.go.jp/shikaku_saiyo_index5.html)を加工して作成
出典:「測量士・測量士補国家試験及び登録」(国土地理院)(https://www.gsi.go.jp/LAW/SHIKEN/SHIKEN-top.htm)を加工して作成
出典: e-Gov法令検索 (https://elaws.e-gov.go.jp/)を加工して作成