土地家屋調査士・測量士補独学最短合格塾

独学で最短合格するテキスト選び

H26-20

土地家屋調査士又は土地家屋調査士法人の業務に関する次のアからオまでの記述のうち、正しいものは、幾つあるか。

1 1個   2 2個   3 3個   4 4個   5 5個

ア 土地家屋調査士は、業務を廃止したときは、遅滞なく、日本土地家屋調査士会連合会に対し、直接、その旨を届けなければならない。

 

土地家屋調査士は、

業務を廃止したときは、

遅滞なく、日本土地家屋調査士会連合会に対し、

直接、その旨を届けなければならない。

 

イ 民間紛争解決手続代理関係業務を行うことを目的とする土地家屋調査士法人が同業務を行う場合には、当該土地家屋調査士法人の社員のうち、土地家屋調査士法代3条第2項に規定する土地家屋調査士である社員のみが当該業務を執行する権利を有する。

 

民間紛争解決手続代理関係業務を行うことを目的とする土地家屋調査士法人

同業務を行う場合には、

当該土地家屋調査士法人の社員のうち、

土地家屋調査士法代3条第2項に規定する土地家屋調査士である社員のみが

当該業務を執行する権利を有する。

 

ウ 土地家屋調査士は、正当な事由がある場合でなければ、業務上取り扱った事件について知ることのできた秘密を他に漏らしてはならない。

 

土地家屋調査士は、

正当な事由がある場合でなければ、

業務上取り扱った事件について知ることのできた秘密を他に漏らしてはならない。

 

エ 土地家屋調査士法人の社員でない者が自己を社員であると誤認させる行為をしたときは、当該社員でない者は、その誤認に基づいて土地家屋調査士法人と取引をした者に対し、社員と同一の責任を負う。

 

土地家屋調査士法人の社員でない者が

自己を社員であると誤認させる行為をしたときは、

当該社員でない者は、

その誤認に基づいて土地家屋調査士法人と取引をした者に対し、

社員と同一の責任を負う。

 

オ 土地家屋調査士は、その所属する土地家屋調査士会及び日本土地家屋調査士会連合会が実施する研修を受け、その資質の向上を図るように努めなけらばならない。

 

土地家屋調査士は、

その所属する土地家屋調査士会及び日本土地家屋調査士会連合会が実施する研修を受け、

その資質の向上を図るように努めなけらばならない。
 

 

 

出典:「土地家屋調査士試験」(法務省)(http://www.moj.go.jp/shikaku_saiyo_index5.html)を加工して作成
出典:「測量士・測量士補国家試験及び登録」(国土地理院)(https://www.gsi.go.jp/LAW/SHIKEN/SHIKEN-top.htm)を加工して作成
出典: e-Gov法令検索 (https://elaws.e-gov.go.jp/)を加工して作成